トイレのリフォーム

現在のトイレの種類は選びきれないほど多く、新築はもちろん、戸建・マンションのリモデルにも対応しています。また、今あるトイレの便器タイプや空間にあわせて、ぴったりと取り付けるための器具を取りそろえています。
マンションリモデル専用の便器やオプション品も多く、低水圧でも設置できる機種がありますので、高台の家やマンションのリモデルにもおすすめです。

リモデルでオススメなのが、手洗器がセットになっているタイプです。既存の給排水管を利用してカンタンに手洗器を設置できるので、大がかりな工事をする必要がありません。

独自の給水分岐・排水合流技術により、マンションなど新しく給排水管を立ち上げることが難しい場所でも、カンタンに手洗器付きのトイレを設置できます。

また、カウンタータイプの場合は、カウンターの長さをトイレ空間の奥行きにあわせてカットできるので、すっきりとした空間を実現できます。手洗器の下にブラシや洗剤、トイレポットなどの小物が収納できます。さらに、手洗器キャビネットが浮いているから、床面全体がフラットで、サッとひとふき。お掃除カンタン。見た目もすっきりします。

洗面所に収納場所を作れます

マンションの洗面所はスペースが限られています。
必ず必要なスペースが「洗面台と洗濯機」です。ストレスなく使える洗面台の大きさは60㎝です。そこに洗濯機置き場のサイズが約64㎝必要です。両方で124㎝のスペースが必要になります。
このスペースを確保するために多い事例が「洗面台を小さくして余ったスペースに収納棚を設置」すること、です。

ですが。
洗面所の収納って、収納棚を洗面台の隣に置く方法以外にも作れるんです。
思い出してみてください。洗面所の部屋の裏側って、どんなお部屋ですか?意外と、物置としてしか使っていないような部屋だったり、もう何年も中身を確認していない不要物が詰まっている押入だったりしませんか?
実は、洗面所の壁をちょっとずらすだけで、大きな収納クローゼットの作成が可能です。

上吊り引戸なら段差も気にならず、おそうじもラクに

下にレールがない上吊り引戸なら、敷居がないので床面がフラットになります。そのため、段差につまずいたり、ひっかかったりという危険を軽減したり、敷居に溜まりがちだったホコリの掃除や、掃除機の取り回しもラクになります。

引き戸はドア同士がぶつかりあったり、出会い頭で誰かに当たるなどのトラブルをなくすことができます。「ソフトクローズ機能」が付いている引き戸を選べば、閉まる間際に引き戸の動きがゆっくりになるので、万が一子どもがドア枠に手を置いていても痛い思いをしなくてすみます。またこの機能がついている引き戸であれば、力強く戸を閉めてもバウンドすることがなく、衝撃音も押えることができます。
夏場や比較的過ごしやすい季節には、窓を開けて外の風を取り込む方も多いかと思いますが、風が強いと開け放った開き戸が風の影響で強く閉まり、大きな音を出すことがあります。これを防ぐにために、ほとんどのドアにはドアストッパーがついてますが、室内の開き戸のドアストッパーは床付けがほとんどです。しゃがんでストッパーをかけるのは歳を重ねるにつれて負担が増し、面倒に感じられることもあるでしょう。しかしバリアフリー仕様の上吊り引き戸の場合は、風の勢いを受けて多少の音が出ることはあっても、強く戸が閉まることはありません。